Category Archives: 050 浴衣について

動画による浴衣の着付け方法

【ゆかたの着付け方法】 ゆかたをはおり、前中心で衿を合わせ、背縫いが背中中心になるようにします。 くるぶしの高さまで、裾を引き上げます。長いとだらしなく、短いと子供っぽくなるので注意。 まず上前幅を決めます。上前(左手側)を右の腰骨の位置に合わせ、右手で下前を軽く引きます。 上前幅がずれないように上前を引き、下前を入れこみます。 下前のつま先を床から10cm程度上げて、残り部分は左脇で前に折り返しておきます。 上前を重ね、つま先が床から5〜6cm上がるよう。 腰ひもをウエストにあて、ゆかたを押さえます。腰ひもを後ろで交差させて、前でフックを止めます。 身八つ口から両手を入れて、おはしょりをおろします。 後のおはしょりを、手を入れて整えます。この時、衣文をこぶし一つ入るくらい抜きます。 下前を斜めへ折り上げ、ウエストの位置で胸ひものフックを止めます。 のどのくぼみのところで衿合わせをし、上前のウエストの位置でフックを止めます。 十一 後ろで左右の胸ひもを交差させ、前でフックを止めます。 十二 背中のしわを両脇へ持っていきます。 十三 おはしょりが長い場合は、両手でおはしょりを持ち上げ、帯の下から7cmくらい出るように整えます。 十四 整えたおはしょりを押さえるように、伊達締めをします。前中心で合わせたら、後ろで交差させ、前でからげてはさみます。 十五 最後に帯板をつけて出来あがり。
Fatal error: Call to undefined function is_sumaho() in /home/users/2/her.jp-atop/web/wp-yukata/wp-content/plugins/php-execution-plugin/includes/class.php_execution.php(273) : eval()'d code on line 21