Archive for the ‘200 応募に必要なツール’ Category

懸賞につかうハガキについて

コメントは受け付けていません。

  ハガキを使っての懸賞の場合は、 

企業側が用意した用紙に必要事項を記入し、切手を貼って送るか、

 

 日本郵便が販売している通常はがき

クイズの答え必要事項を記入して送るというパターンが多いです。

 

  ——————————————————————-

 【 通常はがきの料金 】

1枚 50円(全国一律)

 【 購入場所 】

 郵便局

もしくは、郵便切手類販売所

 【 得するハガキの購入方法 】

 ・安くハガキを出す事ができる「エコーはがき」

くじ付きハガキ(年賀はがき/ かもめ~る)

懸賞応募用のハガキや切手を金券ショップで安く手に入れる

 ——————————————————————-

 郵便切手類販売所とは・・・

 日本郵政公社総裁から委託された場所の事をいいます。

 コンビニエンスストア、スーパーや百貨店のサービスカウンター、商店、大学の売店など、

〒マークが出ているお店・場所です。

 設置してあるお店の営業時間内に買えますから、

例えば24時間営業のコンビニなら、いつでも切手やはがきが買えるというわけです。

 

 当たり前ですが、商品は郵便局で売られている値段と同じ値段で販売されています。

——————————————————————-

 葉書についての最新の情報は

日本郵便(JP)のHPで確認をすることができます。

 ——————————————————————-

安くハガキを出す事ができる「エコーはがき」

コメントは受け付けていません。

  「エコーはがき」というものをご存じでしょうか?

はがきの一部を広告媒体として企業等に提供し、

その広告料で1枚当たり5円安い45円の低価格で販売している

はがきの事をいいます。

年賀はがきなどのくじ付きはがきの中にも

「エコーはがき」として売られている物があります。

——————————————————————-

【 料金 】

1枚 45円

【 購入場所 】

現在販売されているエコーはがき

購入先はこちらで調べる事ができます。

  エコーはがき(新着情報)

葉書についての最新の情報は

日本郵便(JP)のHPで確認をすることができます。

——————————————————————-

例えば、懸賞に10件応募した場合、

1枚 50円のはがきなら 500円ですが、

1枚 45円のはがきなら 450円になり、

同じ懸賞応募回数でも、

「通常のはがき」と「エコーはがき」はハガキ代が違うので、

50円の差が出てきます。

プレゼントへの応募件数が多ければ多いほど、

ハガキ購入代の金額の差は大きくなるので、

懸賞への応募には「エコーはがき」を使った方がお得だと思います。

 

ただ、懸賞マニア(ケーマー)の方の中には、

「エコーはがき」を使うと懸賞マニアだという事がバレバレになるので、

キャンペーン応募には「エコーはがき」は使わないという方もいます。

 

「エコーはがき」の抽選結果への影響は

プレゼント企画の主催者側しか分からないので、

なんとも言えませんが、

お得なハガキがあるという事は覚えておいて損はないと思います。

くじ付きハガキ(年賀はがき/ かもめ~る)

コメントは受け付けていません。

 葉書にくじがついている物がある事はご存じだと思います。

 

一つは 毎年11月ごろから年賀状用として発売され、

例年1月に抽選がある「年賀はがき」

もう一つは 毎年6月ごろから暑中見舞い用として発売され、

例年9月に抽選がある「かもめーる」ですが、

この、くじ付きハガキ懸賞に使う事ができるので、

「年賀はがき」「かもめーる」を多めに購入して、くじを楽しみ

抽選に外れたハガキを懸賞の応募に使って、

再度抽選を楽しむという方もいるそうです。

 

たしかに、ハガキのくじとはいえ、

当選した場合の商品が

賞金5万円だったり、高額な家電海外・国内旅行だったりするので、

懸賞好きとしては、見逃せないくじ付きハガキかもしれません。

——————————————————————-

葉書についての最新の情報は

日本郵便(JP)のHPで確認をすることができます。

——————————————————————-

懸賞応募用のハガキや切手を金券ショップで安く手に入れる

コメントは受け付けていません。

 ハガキで応募する懸賞の場合、

ハガキ切手を安く購入できれば、お得ですよね。
ハガキを安く購入することは意外と簡単です。
お近くの金券ショップに行ってハガキや切手を購入すれば、良いのです。

懸賞にはまって、キャンペーンにたくさん応募する人は

ぜひ、金券ショップの利用を考えてみてください。

———————————————————————————-

【 切手 】

(A店)

50円切手
100枚[@44.5円]
(定価:5,000円)
販売価格: 4,450 円

(B店)

50円切手
100枚(92%)
(定価:5,000円)
販売価格: 4,600 円

(C店)

50円切手
1シート100枚
(定価:5,000円)
販売価格:4,650円

———————————————————————————-

【 ハガキ 】

(A店)

普通はがき
(100枚セット[@42円])
定価:5,000円
販売価格: 4,200 円

(B店)

普通はがき
(100枚セット)
定価:5,000円
販売価格: 4,500 円

(C店)

普通はがき(無地・普通)
(100枚セット)
定価:5,000円
販売価格:4,650円

———————————————————————————-

年賀はがきが余った場合、懸賞の応募に使っていいの?

コメントは受け付けていません。

はい、年賀はがきを懸賞の応募に使っても大丈夫です

年賀状の宛先記入する側にある「年賀」の文字を2本線を引いて消せば

プレゼントの応募に使っても大丈夫だそうです。

 

基本的な事ですが、年賀ハガキのクジの抽選結果を見て、

外れたものを使うようにしてください。

 

1月から3月ぐらいまでの懸賞には、年賀はがきの余ったものを

使っている人が多いそうです。

 

ケーマー(懸賞マニア)の方の中には、あらかじめ年賀ハガキを多めに買って、

クジを楽しんだ後、懸賞に応募するという方もいるそうです。