福袋・新春お年玉袋・初売りバーゲンSALEを大研究、超お得福袋をご紹介

福袋で失敗しなためのコツ・裏技・テクニックの情報を集めました。

070 オークションで転売

 福袋の中身が自分に合わなかったら

いろいろと下調べをして考えながら購入しても、
手元でみて初めて分かるマイナス点があります。

つまり、ふたを開けたら自分にとっては“外れ”
という可能性があるのが福袋なのです。

そんな時に どうするか。
「慎重に選んだつもりなのに・・・」とただ凹んでいるのでは
新年早々縁起が悪いと思います。

福袋の中身が自分の趣味に合わない物だった場合、
リサイクルショップやフリーマーケットなどを
利用して売る方法もありますが、
せっかく「福袋」という付加価値が付いているので、
福袋という部分を個人相手に有効にアピールできる
オークションを利用し転売するのが、
福袋で損をしないオススメの方法だと思います。



 人気のある福袋はオークションで転売すると損が少ない

人気百貨店(特に都心)の福袋は、
全国的な人気があると思います。
そのため、オークションでも高値で取引されるケースが
少なくありません。

例えば、目玉商品がはっきりしているタイプの福袋は、
中身で必要な商品だけを残して、
あとは転売する、といった方法で処分されることが多いです。

特に、値札やタグがまだ付いたままの商品は
「新品」として転売できるのでおすすめです。

 オークションで転売した時の値段

人気ブランドの商品なら
オークションで予想以上の値段がついたりする場合もあります。

古着屋さんやリサイクルショップは、
1枚いくらという形で、一律で引きとる事が多いので、
例え新品のブランドの服でも、買い取りは安い場合が多いです。

福袋に入っていた全ブランド物を、
某有名チェーン店の古着屋に持っていき、
見積もりをとってもらった場合、
査定額は全部で千円にもならないかったのですが、

査定してもらった古着屋には売らず、
オークションに出したところ、
1万円を超える額で売れるという事がありました。

自分の趣味でない、要らない服でも、
他の人には価値のあるものである場合が多いので、
欲しい人が確実に買ってくれる
利用者の多いオークションで転売するのがオススメです。

しかも転売するならば、早いうちにオークションに出すと、オークションでは最新の洋服と認めてくれるので、
売る価格を下げないコツになります。

古着屋だと最新の物など関係なく査定されてしうので、
いつ持って行っても同じです。

また、オークションでは、福袋の中身を個別出品するよりも、
まとめて「福袋セット」として出品する方が、
高額になりやすいようです。

 写真の撮り方

オークションに出品するのであれば、
商品を魅力的に見せる写真撮影の技術や、
セット販売(再福袋化)を駆使すると、
より、高額で取引できると思います。

たとえ有名ブランドの福袋でも、
未開封で中身が分からないままでは、
相手が購入しようと思っても、
自分の趣味に合う物が入っているか安心できないので、
購入を躊躇すると思います。

オークションのサイトに載せる福袋の写真は
福袋は、袋に入ったままや、福袋の中身の一部
メインの商品だけ写真にのせるのではなく、

開封して、出品する全ての商品と詳細を分かるように
中身をすべて写真付きで公開したほうが良いと思います。

また、サイトに載せる写真の写し方で注意する点は、
暗い写真よりも、明るい写真の方が人気が出るので、
背景や、明るさなどを工夫して、
明るい写真を撮るように工夫した方が良いと思います。

 オークションのサイトに載せる情報

サイトに載せる商品の説明は
できるだけ詳しい方が良いと思います。

【オークションに載せる情報の例】

■ 購入した店
■ 購入した時の値段、
■ 購入価格
■ 中身の相当額(分かる範囲で)
■ 出品する理由
   ・サイズが合わなかった
   ・微妙にサイズが合わなかった。
   ・色合いや質感が自分の好みとは違っていた。
   ・色が好みではなかった
   ・2つ福袋を買って商品がだぶった

などの情報があると良いと思います。
このように、説明がしっかりとしていると、
相手も安心できるので、落札を希望する人が増えると思います。

 オークションの出品する時の値段

オークションに出品する場合は
最初に出品する値段を自分で決める事になると思いますが、
一般的に、スタート価格を適正価格でにするより
入札は「1円スタート」が検索する人が多く、
多くの人の目にとまり、アクセス数が増え、
その事で入札者が多くなれば、入札価格も高くなるので、
お勧めだと思います

多くの出品を見ていると、
やはり「1円スタート」する方が高く落札されやすいようです。