【All About】専門家がガイドするテーマ別情報サイト   【Amazon】     【ビッダーズ】     【楽天】
地震について 事前に準備 地震発生直後 避難生活 通常の生活へ その他

02 -事前に準備 , 02 ├02 自宅の地震対策

家の中をチェックする

・大地震の死亡原因は圧死が多い事から、
 生き延びた後の日用品を備蓄する事も大切ですが、
 住まいの安全性の確保を行い、最初の地震で生き延びる対策をとる事が
 より重要な事になります。


 注意点 チェック  詳  細
定期的に
地震対策を
考える
・年末大掃除の時や、9月1日の防災の日などに、
 地震で危険な場所はないか
 家の中をチェックすしましょう。
 日曜大工のついでに補強しましょう。
 非常時にケガをしないように
 普段から備えておきましょう
大きな地震の
状況を想像し
対策を考える
・平屋やマンションが倒れる地震で。
 どの程度補強すれば、
 家具が倒れないかを考えながら、
 固定します。
 (プラスチックや紐でも大丈夫でしょうか。)
・揺れが激しすぎて、
 揺れている時に「歩いて玄関のドアを開けに」
 といった行動はとれないそうです
 這いつくばって動く事も無理な事があります。
 横にあったテーブルに潜るのが
 精一杯の状況と考え対策を考えます。
家の中の
安全な場所
・危険な場所
・家の構造から、安全な場所・危険な場所
 前もって把握しておきます。
マンション 「避難はしご」の準備・点検、
 使用方法を確認しておきます。
危険物の固定 火気器具・ガスボンベなどは
 固定してあるか確認しておきます。
家具 ・家具は造りつけが一番安全です。
 それが難しい場合は家具の固定をシッカリします。
家具の位置 家具の配置は片寄っていないかを確認します。
・揺れには方向があり、東西に揺れた場合、
 まず東西の壁の家具が倒れた後、
 次に南北が倒れます。
 その場合 家具が複雑に重なり合うので、
 部屋の奥まで行くのが困難になります。
 部屋の奥にいた場合、
 出られなくなる可能性があります。
 大地震の時は、余震や火事があるので、
 寝る場所や非常持出し袋の場所は
 安全を考えて適切な場所かを確認します。
・もし、可能なら、タンスなどの倒れるものは
 一部屋にまとめて置き、
 通常の生活をする場所には極力物を置かない
 ようにすると安全です。
賃貸の場合は、
家具の固定前に
大家さんに確認
・賃貸の場合は大家さんにねじ穴を開けても良いか
 確認します。
 賃貸の場合は穴をあけられない場合もあります。
 その場合は、安全性は少し落ちますが
 伸び縮みするポールを天井と家具の間にはさんで
 支えるといった方法もあります。
 穴をあけずに利用できる、転倒防止商品もあります。
 
   お気に入りがきっと見つかる!ビッダーズでお買い物 
家具の固定前の
確認
鉄筋コンクリートの壁は素人では作業が難しので
 管理会社や電気屋さんに見てもらう方が
 良いようです。
家具の固定 冷蔵庫・食器棚は固定してありますか?
 家具全体を壁にボルトで固定する方法が
 より安全です。
 
   
    お気に入りがきっと見つかる!ビッダーズでお買い物 
固定する時の
注意点
・壁面に固定する場合は
 必ず柱が通っている場所に留めなければ
 簡単に外れてしまう事があります。   
・家具によっては力が加わると、
 簡単にネジが抜けてしまう物もあります。
 壁によっては使えない場合もあります。
 固定する物の特徴を注意しながら対策します。
・大地震の時は家具が転倒するのでなく、
 横移動してきます。
 家具の上部はつっかえ棒でなく、
 鎖や金具で固定したほうがより安全です。

 
・転倒防止ベルトでつないでおく方法もありますが
 見た目が悪いので、
 固定する場所によって何を使うか判断します。
家具の固定 ・家具の下に転倒防止板を敷く。
 100円ショップにもあります。


     お気に入りがきっと見つかる!ビッダーズでお買い物
 家具の上の部分に固定する物を置く
 (ツッパリ棒等)

 

     お気に入りがきっと見つかる!ビッダーズでお買い物 
ツッパリ棒を
固定する時の
注意点
 天井の造りが弱いと突っ張り棒が使えません。 
 背の低い家具だと市販されているツッパリ棒は
 短くて使えません。
 
・家具の下が畳や絨毯の場合は家具の下に
 合板をしいてから突っ張り棒をしてください。
 片方がやららかいと突っ張る事ができません。
 
身近な物で
出来る固定
・高価な転倒防止金具を使わなくても
  L字金具 や7~10センチの木ネジなので
 タンスや本箱など倒れやすい物を
 固定することが出来きます。
 これでかなりの安全が約束されます。

 
釣り用のテグスを利用して
 地震対策をしている家庭もあると聞きます。
・ツッパリ棒で、ただの棒2本で支えるより
 ダンボールで隙間を埋める方が効果があります。
 ではなくで空間を押さえる事で
 効果があります。
 
 簡単にできるのが、
 段ボール箱を天井と家具との間に隙間なく
 ぴったりはめ込む方法です。
 段ボール箱には適度の弾力性がありますし、
 天井や家具の天板と広い面で接しているため、
 地震対策として効果を発揮します。
・段ボール箱の大きさが隙間に合わない場合、
 切り込みを入れるなどして高さを調整しましょう。
・段ボール箱の中身は
 空にするか軽い物を入れる程度にする方が、
 万が一落ちた時へのことを考えると安全です。
 
家具の中の物が
飛び出さない
ように対策する
・引き出しが出てきて落ちてくれば危険なので、
 対策をとりましょう。

 
・マンションのキッチンの上部によくある棚など
 観音開きの家具などは地震で扉が開いて
 中の食器が散乱し割れたりすると危険です。
 扉をロックする専用の金具や
 「赤ん坊いたずら防止」の扉ストッパー
 ホームセンターなどで売られています。
 付けて扉が開かないようにするのも良いです。
 
     お気に入りがきっと見つかる!ビッダーズでお買い物 
・取っ手の形によっては、
 手荷物用のプラスチック製のフックを利用したり、
 割りばしをかんぬきのようにして
 使える場合もあります
・食器棚の棚板にはシートふきんを敷くと、
 抵抗ができて食器の落下を防ぐ事ができます。
家具
物のしまい方
・重いものや割れやすいものは、
 落ちてきてケガをしないように
 高いところに しまわない置かないようにします。
 家具の下へ重い物
 家具の上に軽い物をしまうようにします。
・ガラスの器は割れ易く危険なので、
 下に入れるなどの工夫をします。
お酒など
臭いが
強い液体は
高い場所に
しまわない
・お酒などを上にしまっておくと、
 落ちた時に割れてしまいます。
 お酒が部屋にこぼれた場合、
 水道が出ないので、拭き取がシッカリ出来ません。
 その為、お酒の臭いが充満し、
 冬などは寒さの為、窓を開ける事ができないと
 異臭の中で生活をする事になります。
・ふき取りが出来ないので、お酒のせいで
 床が白くなったり、シミが出来たりします。
・お酒は高い場所にしまわないようにしましょう。