« 03 ネットショッピングとは | メイン | 05 ネットショッピングのデメリット »

 ● 外出の必要がない


外出しなくてもインターネット上で買物ができるので
お店に行かなくても そのお店に希望の商品が置いてある事を
自宅で確認する事ができます。

小さな子供がいたり、
高齢者や病気や怪我で外出するのが難しい人、
家から出られない人も買い物を楽しむ事ができます

天候を気にしなくてよい
雨の日はなかなか買い物に行くのが億劫です。
ネットショッピングなら
その点、自宅のパソコンから簡単に注文できます。

買い物以外のお金も節約できる
交通費を使って出かけることなく、 国内・海外のお店で買い物ができます。
休憩などの飲食費等、買い物以外のお金の節約にもなります。
ついつい喫茶店でケーキをなんて無駄遣いもなくなります。

時間も節約できます
仕事や家事・育児に忙しい女性にとっては、
移動時間やお店を見て回る時間を節約できるのも大きなメリットです。

お中元やお歳暮も自宅から手配できる
人ごみと大荷物で苦労する、お中元、お歳暮の買い物も
ネットショッピングで手配すると楽です。
商品を自宅へ送ってもらって、相手に直接渡しに行く事もできますし、
お店から相手の方へ直接送ってもらう事もできます。

 ● 時間の自由

小さな子どもがいると、買い物をする時は
子供に振り回さっれぱなしでゆっくり商品を選ぶ事もできません。
その点ネットショッピングなら、
お化粧をしなくても、着替えなくても、子どもを連れて歩かなくても、
お家でのんびりと画面を見ながら買い物ができます。

自宅で24時間 365日自分の好きな時に注文できます
ネット上のお店は、年中無休、24時間営業なので
空いた時間を有効に活用して、
ネットショッピングを楽しむことができます。

自分の好きな時にゆっくりと見て選ぶことができるので。
商品を深夜に注文することもできます。

時間がないとき、旅行券購入
急な出張のときでも、航空券・乗車券が簡単に手配できます。
空席確認、予約からお支払いまですべてインターネットで手続きできます。

 ● お店までの距離を気にしなくてよい

自分の家の近くでは取り扱っていない商品を探し、
注文することができます

その土地に出かけられないので、
名産品が手に入らないということがありません。
そこへ出かけなくても、
自宅からネットで注文する事ができます。

インターネットは世界中で使用されているので、
日本はもちろん世界中から 
産地でしか販売していない特定の商品を
自宅で注文することができます。

ちょっと英語ができる人なら
海外のお店にアクセスして
自宅にいながら、世界中の商品を見て回る事ができます。
日本ではなかなか手に入らない商品を買うこともできます。

お中元・お歳暮に、産地直送の名産品を
自宅にいながらお世話になった人に贈ることができます。

直接お店に注文できるので新鮮でいい物が買えます。

 ● 店員さんに気を使わず自分のペースで買い物ができる。

納得が行くまで気に入ったお店を探すことができます。
お店のHPを覘いても商品を見るだけでもいいんです。
店員さんの視線を気にしなくて大丈夫です。

店員さんのセールストーク(すばらしい話術)にのせられて、
うっかり余分なものを買ってしまうことも避けられます。

ゆっくり商品を見て買い物をすることができます。
何度でも来店できます。

 ● レア物や新商品が買える

ネット先行販売や
ネットでしか買えない限定の商品などがあります。

入手困難な商品を
いち早く買うことができます。

また ネットじゃないと買いにくい商品が簡単に買えます。

 ● 最新の情報が確認できる

紙のカタログは春・夏・秋・冬のカタログ更新で、
商品を見ることができますが、
ネットなら、リアルタイムで新しい商品を見る事ができます。

その商品の詳しい知識も色々と得られます

 ● 安い

ネット通販の場合、純粋に価格で勝負しているショップが多いので、
ほとんどの場合、実店舗で買うよりも安く手に入ることが多いです。

商品によっては送料や手数料が必要になりますが、
経営者サイドにとって
人件費やテナント料、商品の陳列、展示在庫、在庫管理などの手間が不要になるので、
浮いた経費を利用者に還元しようと努力し、
商品価格を安くしているところが多くあります

ーネット通販の恩恵を受けやすい商品ー
総支払額に占める送料の割合いが小さいものは
ネット通販の恩恵を受け安いです 特にカメラ、デジカメなど
総支払額に占める送料の割合いが小さいものという同様の理由で、
趣味性の強いジャンルの書籍、CD、ビデオ、DVDなども、
ネット通販に向いた商品です。

また、CD、ビデオ、DVDなどは、
ほとんどのネットショップで独自の値引きがあります。
ほぼ定価販売の実店舗と比べると、かなりの買い得感があります。

バーゲンセールや、まとめ買いに対する割引きサービスなど、
リピータ-を呼び込むために、
ショップ側はさまざまな工夫をこらしているので
安く商品が手にはいる機会が多いです。

 ● お得

ショップだけでなく、決済サービス会社の中にも、
初めて会員登録する利用者に対して“お試しクーポン”と称し、
無料利用枠を設けているところもあります。

○○円以上なら送料無料などのサービスがあるので、
確認するとお得です。

ネット独自の特典・割引がある場合があります。
ネット・携帯で購入するとポイントが多くついたり、安く購入できることがあります。
会員になれば、定期的にメルマガなどが届き商品の情報を提供してくれます。

 ● すぐに検索できる

欲しい商品を検索機能を使って、簡単に商品探しができます。
本の題名の一部、もしくは著者しか思い出せないときも、
キーワードを入力して、探すこともできます。

本やDVDなどで、店頭ではなかなか見つからない商品でも、
簡単に検索・購入することができます。

 ● 商品の情報も確認できる

その商品がホントに買うに値するか」ということを調べることが出来ます。
口コミのあるHPでその商品の使用者の感想を見る事ができます。

 ● 注文の確認ができる

ショップからの確認メールや、自分でとったハードコピーなどで
注文の確認をとる事ができます

 ● 家の前まで運んでくれる

お店で買ったら 
持ち帰るのが大変な商品や、
運送料が別途にかかってしまう商品も、

ネットなら自宅まで届けてもらえるので便利です。
重い商品も玄関まで運んでもらえます。

インターネットショッピングは まとめ買いに便利 です。
家まで運んでもらえるので、
重たいものをたくさん買わなければいけないときは、
ネットを使うのもひとつの手だと思います。

※もちろんまとめ買いにした方が安くなるというメリットもあります。

 ● インターネットショッピングのお店側のメリット

・人件費が通常のお店よりかからない
・商品を並べるためのスペースがいらない。
・店舗の広さに関係なく 多くの商品を売ることができる。
・商品の在庫を入れる倉庫のスペースもそれほど必要ない
・商品の在庫をお店の時より持たなくて良い
・低価格で提供できる。
 (一般の店舗で売るより、安いコストで売ることができるので)
・通常の複雑な流通経路をカットすることができる。
 仲介手数料が不要になる。
・生産者と消費者が直に取引できる。
 産地直送や、輸入品や、地方の特産品、ブランド品、大量生産しないので、
 通常の流通経路に乗りにくい限定品などを消費者に直接販売することができる

 ● インターネットショッピングに向く商品

・どこで買っても質が変わらないもの。

・サポートが必要でないもの

・手に取って見なくてもある程度の質や価値が判るもの、

・どこで買っても質が同等のものです。
  たとえば、カメラ、電化製品、パソコン、本、CD、DVD、ビデオ、コンサートチケットなど。"

・小さいものは送料が安い
  送料の安い小さな商品を取り寄せるのに便利

・買い物に行くとかさばるもの・重いもの
  例えばトイレットペーパー・お米なども取り寄せると便利

・価格重視できるもの
  「オーディオ・家電・PC関連機器」:
  価格重視度大。スペックやブランドで選ぶことができる
  商品ジャンルでは、重要な購買決定要因が価格となります。
  特に家電やPC関連機器は、
  リアルでもオンラインでも店側が価格訴求に力を入れているので、
  購買側もなおさら価格に敏感になると考えられる。

・なかなか手に入らないもの
  「特殊な成分を使った洗剤」 や 「遠くの地域の地酒」・地方の物産 といったように、
  なかなか手に入らないものになればなるほど、オンラインショッピング向きと言えます。"