【 ディズニーリゾート旅行体験記をご利用いただき有難うございます 】
 パーク内の位置は記事下〔続きを読む〕をクリックすると地図がでます。にほんブログ村 その他趣味ブログ テーマパーク・遊園地へ



アクセス方法と移動手段を考えます

東京ディズニーリゾートへ訪れる場合は、
いくつかのアクセス方法があります。

住んでいる地域や到着時間、荷物の量などを考えて、
どの移動手段が適しているかを検討してみてください。


車を使う場合のメリット・デメリット 東京ディズニーリゾートへ車で行く場合のメリットとデメリットを考えてみました。

【 メリット 】

・比較的安くすみます。
・荷物を持ち歩く事がないので、荷物が多い時は楽です。
・着るものをいろいろ持っていけば、車に服を置いておき、
 その時の気温によって子供にちょうどいい服を着せてあげることが出来ます。
・小さな子供がいる場合、車に子供のお昼寝の為に戻る人もいます
・小さな子供がいる場合、パークでは、たくさん遊ぶと思うので、帰りは確実に寝ます!
 他の移動手段だと、荷物を持って抱っこという形になり、大変だと思います。
 その点、車だと、そのまま子供を寝せておいて移動できます。
 裏技として、帰る前にパジャマに着せ替えて、
 車から降ろすときは毛布でくるんで、
 そのままベッドに連れて行くなんて事もできます。
・早朝(朝6時より前ぐらい)に着くことが可能です。
 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの駐車場は
 一定台数の車が並ぶと入場させるそうです。

【 デメリット 】

・初めての人に首都高は分かりにくいと思います。
・他の移動手段に比べると時間がかかります
 時期や時間によって渋滞に巻き込まれる事もあります。
 高速のパーキングが混んでいることもあります。
 その時はトイレ待ちも大変になります。
・ディズニーランドの駐車場が混んでいると、
 入り口から遠い場所に案内される事もあります。
 (早めにつけば大丈夫です)
・駐車料金が高い&駐車場入場待ちがあります。
・ホテルへ泊まる場合は駐車場をどこにするか事前に調べる必要があります。
 ホテルによって、最初の1泊は無料で翌日のチェックアウト後は時間貸しとか、
 初めから最後まで時間貸しとか色々ですので、
 ご宿泊先に確認してみてください。
 (TDLに駐車しっぱなしはできないはずなので、
  一度はホテルの駐車場に移すことになります。)
運転する人が疲れます
 ( 参 考 )
 大阪からだと6~8時間ぐらいは見ておいた方が良いそうです。
 なるべく早朝、4時ぐらいに出発すれば、午前中には着けますが
 ただし、運転手が1人の場合は、
 着いたときには運転手の人は遊ぶ気力がなくなっているそうです。
 名古屋に近いなら、通常で5時間程度だそうです。

【 その他 現地でタクシーを使う場合 】
 タクシー料金の目安を調べる  http://www.taxisite.com/


バスを使う場合のメリット・デメリット 東京ディズニーリゾートへバスで行く場合のメリット・デメリットを考えてみました。

【 メリット 】

費用が一番安く済みます。
・車と違い、運転する人だけ疲れるという事がありません。
 帰りもバスの中で休む事ができます。

【 デメリット 】

・バスは非常に本数が少ないので事前によく調べた方が良いそうです。
・利用する距離と時間を考えます。
 体力的に大丈夫な時に乗っていても8時間以上かかる場合は
 大人でも辛いです。
・疲労がたまってるときにバスだとさらに疲れる事があります。
・小さい子供連れの場合、バスの中で他の方は休んでいる人が多いので、
 バスの中で 子供にぐずられると大変だと思います。


電車を使う場合のメリット・デメリット 東京ディズニーリゾートへ電車で行く場合のメリット・デメリットを考えてみました

【 メリット 】
・時間通りに目的地へつく事ができる。
・移動中は椅子に座り休むことができる場合が多い

【 デメリット 】

・小さい子供がいる場合は、荷物を持ちながら子供を見て移動しなくてはいけない。
(ラッシュ時間帯はすごいことになります。)
・朝の電車は結構混みますので、時間に余裕を見て行って下さい。
・帰りは 京葉線もラッシュ時は混むので、それ前に現地を出るのが良いそうです。
・平日TDRへ行った場合、16時ぐらいで切り上げて電車に乗ると良いそうです。
 (JR京葉線で新木場まで行き、
  そこから りんかい線(東京臨海高速鉄道)で天王洲アイルに行って
  モノレールで羽田まで行けば一時間20分くらいです。)
・東京駅と浜松町を経由すると通勤ラッシュに巻き込まれます。

(通勤ラッシュ回避方法)
・一番後ろや一番前の方がまだ空いていると思います。
・朝、東京側から舞浜方面の場合はラッシュの逆方向になるので、
 少し空いているかもしれません。
・多摩方面から電車でしたら、
 新宿からは埼京線の方から来る、りんかい線直通の新木場行きに乗ってください。
 この路線は昼間はわりと空いています。
 終点の新木場からは京葉線に乗り換えて二つ目です。
 もうすぐです。東京駅で乗り換えよりはずっと楽です。
 東京駅まで行ってしまうと、長い長い通路を歩かされます。

新幹線

【 メリット 】

・オムツ換えも、新幹線だと飛行機よりスペースが広いので楽です。
・新幹線は移動中のストレスが一番少ないと思います。

【 デメリット 】

・新幹線。何時間のるかで、子供達が退屈して大変な時もあると思います。
・東京駅で新幹線を降りて在来線に乗り換える時、ホームが離れていて移動が大変です。
 (ムービングウォークは子供が喜ぶかも)
・東北・北越新幹線の場合と各駅にとまる駅からかですが 
 東北の場合だと この電車にのれなければ1時間またなければ
 次が来ないという場合だと 指定席をとらないと 大変だと思います。

【 参考 】
 5歳のお子さんの指定席はとりますか?とりませんか?
 指定席をとる場合は指定料金と乗車券の子供料金を払うことになりますが
 自由席に座ってくる場合は 掛かりません。参考までに・・・
 
【 新幹線&ホテルのツアー 】

・同じ内容の場合、個人で手配するよりはツアーの方が安いです。
 ツアーでも新幹線の時間帯やホテルを選べたりしますから便利ですよ。
 ただし、東京駅からホテルやTDLへの移動を考えなくてはなりません。


飛行機を使う場合のメリット・デメリット 東京ディズニーリゾートへ飛行機で行く場合のメリット・デメリットを考えてみました。

【 メリット 】

・一番速い
・搭乗時間が短い
・結果的にこれが一番楽だったと言う人もいます。
・直接TDRへのバスがある。
 (羽田に着いたらリムジンバスの乗って
  ランドまたは宿泊先のホテルに行けば歩く距離は殆ど無い)
・飛行機は朝一なら結構やすい場合があります
・乗務員の気配りが素晴らしい。
・楽しい(空港等も)

【 デメリット 】
・金額が高い
・小さい子がいる場合、オムツ換えの場所がちょっと狭いかもしれません。
・じっとしていられない子供がいると、大変かもしれません。
・小さい子供がいる場合、飛行機でぐずられると逃げ場がありません。

【 飛行機&ホテルのツアー 】

・同じ内容の場合は、フリーチケットでもない限り、
 個人で手配するよりはツアーの方が安くなります。
 羽田からTDRへは直通のバスがありますから、
 TDR~ホテル間の移動だけを考えればいいと思います。

【 参 考 】

・子供がはじめての飛行機の場合、気をつけてあげたい事があります。
 耳抜き?とかって言葉、聞きませんか?
 要するに、『つばごっくん』させることですが、
 飛行機は気圧が変りますので、耳がキーンとします。
 大人は、自分で自然にしますが、
 飲み物を飲ませて、
 強制的に気圧の変化に対応できるようにさせてあげてください。


Powered by Movable Type 3.31-ja Copyright(C) 2008 【 ディズニーリゾート旅行 体験記 】 Allrights reserved.